ログイン / ログアウト

Welcome to Indian Philosophy

 
シンプルトピック 一問一答

超入門ヨーガ哲学 Level 1. 
全6回 日曜日 


 

ヨーガは現実の背後に
私たちが見えていないものを観ています。
ヨーガは何を見ているのでしょうか?


シンプルな哲学体験が
日常の生活の視点をがらりと変える

ヨーガ実践20年
タントラ思想正当継承者のマークが

その現実の背後にある何かを知るナビゲートする
studio BiNDUオリジナルの哲学講座。

Yoga的現実の見方 & 物事の考え方を紹介することで
現実世界に対する自分の視点をシフトさせるきっかけをお手伝い。

視点が切り替わると、
何十年も見慣れたはずの鏡に映った自分の姿に
「あれっ…?これは気がつかなかったぞ!」
と新たな側面や特徴に気がつくようになります。


いつもと違った切り口で
自分を見つめ直してみたい

というあなた、

自分についての固定概念を破って、もっと自由な思考がしたい、という方

ヨーガ・スートラなどの本から入るのには
ちょっと抵抗あるという方、


よく「Yogaで人生が変わった」というけど、どういう意味?
というあなた

ヨーガを始めたけれど、その背後にある思想が知りたい、
というあなた

TTで哲学を聞いたけど、まったく実践につながらなくて全然役に立っていない、
というあなたへむけて…


日常の生活の視点が
がらりと変わるシンプルな哲学体験の絶好の機会です。

 


ヨーガ哲学超入門編コース Level 1.
YOGAの宇宙観を知る + 実践する

Yogaの立場と視点
Yogaの中心軸を形成している生き方や在り方を
基本から分かりやすく解説.

初心者向けインド哲学人生観講座待望の開講!
マークが皆さんのヨーガへの疑問に答える1クラス1トピックのシリーズ講義です。
全6クラス受講することで、基本的なヨーガの宇宙観、物の捉え方や視点が全体的に理解できるようになります。
ご自身の人生観や、何気ない毎日の生活の営みにたいする視点がシフトして、
ヨーガの練習が実践へと変わり、さらに人生を深く楽しむことができるようになります。

<講義+Q&A形式のディスカッション>
1時間半の講義と30分のディスカッションという構成で、自分の生活や人生観にどのように活かしていけるのかを、その場で落とし込みます。





講師
タントラ思想シヴァ派正当継承者
マーク・シュヴェイマ
ヨーガのメッカ サンフランシスコから京都に移り住んで8年。
あのザ・ビートルズが瞑想を教わったマハリシ・マヘシ・ヨギーと現シダヨガのグルマイに各12年ずつ師事してきたインド思想学会で高名なポール・ムラー=オルテガ博士のもと哲学&瞑想の学びに入門9年目を迎える。数々のティーチャートレーニングで哲学部門を担当。自身が主催するトレーニングでは哲学を中心に構成し、人生に大きな変容をもたらすことを実現させるため、生き方や哲学の実践方法を伝えている。


日時
全6回 
全日 日曜日 15:30-17:30*

04/16  05/21  06/18  07/23  08/20  09/03

*各回は単独のテーマを扱いますので、単発での受講が可能です。

受講費 2017
ドロップイン
メンバー
¥7,500
ノンメンバー ¥ 8,500

・お茶
・ハンドアウト
・経験豊かな通訳 

全6回 セット*
{特典 1} オリジナル哲学小冊子 限定10冊 
{特典2} 各回の講義音源


メンバー
¥ 38,500
ノンメンバー ¥ 48,500 | 当日メンバーシップ料を支払ってメンバー価格も可能です。

オーディオ受講可能


*コースの途中から全6回の申込もOKです.
その際は欠席された回の講義音源と板書の写真をお渡しします.
<注意>特典のオリジナル哲学冊子が数量に限りがあるため、すでにない場合もあります. 

{分割プランも用意しています}
詳しい情報は、以下のフォームよりYESをチェックしてお問い合わせください。




問合せ&申込

info@studiobindu.com
075-746-6230


問合せ/予約フォーム

ご予約の確定/質問への回答は、info@studiobindu.comよりお返事いたしますまで、今しばらくお待ちください。

 

606-8335
京都市左京区  
岡崎天王町 76−11

 

info@studiobindu.com


tel. 075-746-6230

(電話対応 9:00-21:00)

CLOSED 毎週 金曜日

ニュースレターを読みたい!

Connect With Us

スタジオビンドゥのFacebookページ      

このページのメイン写真は全て うえのゆりさんの作品です.Main photographs of this page are by Yuri Ueno. All rights reserved.