ログイン / ログアウト

  • TTC2018_copy

  • 04260005 copy
  • 04230016 copy

 

Change Your Story 

 

あなたは

今の自分のストーリーに満足していますか? 


そのストーリーを変えてみませんか?

 

自分の「変容」から
あるべき自身の姿を発見し
新しいストーリーを紡ぎます。

 

自分の現在地を知り
目的地を更新する。


BiNDU RYT200   
指導者「変容」コース 
2018

“Be the change you wish to see in the world.”
~ Gandhi


「世界で見たいと望む その変化を自らが示せ」
ガンディー

 



ヨーガの「本質」の実践によって
自分の「変容」から
人生を導き出すことができる


本物の「指導者」になるためのコースです。





従来の「ティーチャートレーニング」のパラダイムを転換

従来のRYT200とは異なる目的


自分の現在地を知り

目的地を更新する。


人生を導く「指導者」を育てる。



通常の養成講座の情報暗記詰め込み型ではありません。

なぜかというと
従来の単なるインストラクターを要請するのではなく
人にインスピレーションを与え
時には人生を導く
 
「指導者」
を育てることを目的にしているからです。



何かを人に伝えようとするとき
そのモノゴトの体験の深みと理解が
どれだけ人の心に響くのか、を決めます。

つまり、
本物の実体験なしでは何も人に伝わりません。
ましてや、伝えるものも空っぽで中身が伴いません。

ですからまず当コースは
本当の意味で正しい知識と理解から
ヨーガを実践することに始まります。

そうやって
ヨーガの「本質」を実践すると
自分の現在地が明らかになります。


その経験や結果が
どんな自分の今を物語っているのか、
に気がつきます

現在地を正確に把握して初めて
目的地を定めることができるのです。


その現在地から

自分は人生をどのように導きたいのか…

どういった指導者になりたいのか…

どのようにヨーガを活用していきたいのか…etc.
というヴィジョンが鮮明になります。



このように
ヨーガの適切な実践と理解から
指導技術や自分の人生に結びつけるための
道のりを歩むことこそが
このコースの大きな目的です。


その結果、

まず指導者として自分を導く実体験をします。

そこで初めて
周囲にインスピレーションを与える存在となり、
他人を導くことが可能になるのです。












「指導者」を実現するために…


従来のRTY200と異なるカリキュラムのアプローチと視点


様々なヨーガの側面を自由に行き来して
ヨーガの宇宙の全体像が見えるような流れで教えます。


従来の養成コースの典型的な要素には、
アーサナ, プラーナーヤーマ, 瞑想, 解剖学, 哲学etc..があります。
こういった異なる側面を科目ごとの講師がバラバラに教えると
視点が統一されていないため、
ヨーガという大きな全体像の理解が進みません。


ですから、
このコースではすべての要素を
一人の講師が
よく織り交ぜて重ね合わせて
結びつけて紹介していきます。

それによって、
ヨーガという宇宙全体の中に走る
つながりを明確に見いだして、
理解していきます。

 
ただ与えられる技術的な知識を勉強して練習する
といったよく見るトレーニングスタイルに代わって、
もっと全体的にまとまった
一貫性のある形で学びと実践にアプローチします。





自分の目的地に適した道を選ぶ

あまり知られていませんが...


パタンジャリに代表される古典ヨーガと
ハタヨーガが傘下に治るタントラヨーガでは
目指すゴールや人生観が異なります。

自分にあったゴールに導く練習を手にしない限り
自己実現の可能性はありません。






実践21年 指導歴18年 

タントラ・シヴァ派正統継承伝導者
国内外で指導する
マーク・シュヴェイマ
の実直な経験と技術
ヨーガ哲学と瞑想に精通した
知識を凝縮した
集大成


マーク・シュヴェイマ
Mark Shveima


STUDIO BiNDUディレクター

京都在住

実践21年 指導歴18年

E-RYT 500


NEELAKANTHA MEDITATION 正統継承伝導者

タントラ・シヴァ派ヨーガ哲学伝導者


並外れた人生の「変容」を3000人以上に 起こしてきた 内側から「気がつく」アプローチ

サンフランシスコにてアヌサラヨガを中心に、
アイアンガー、アシュタンガ・ヴィニャーサを学び、
多くのファンを得て指導者として確立後、京都に拠点を移す。
日本で初めて瞑想をメジャーなヨガスタジオに導入し始める。


アーサナ(ポーズ)の指導は、生理学やエネルギー体の理論に則って、
体と呼吸のつながりを最重要事項として
「気がつく意識」を培う場として教える。

数回のクラスで四十肩から開放されたり、
その場で腰痛や膝の痛みが和らぐ、という
心身を知り尽くした指導に定評がある。


瞑想や意識の科学&哲学に学術的な知識で精通

タントラ学会で高名な学者であり、マハリシ・マヘシ・ヨギーを師とする
ポール・ムラー=オルテガ博士のもとで
タントラヨーガ哲学および瞑想を深く学び実践して
今年で10年。

2016年には日本で唯一タントラ・シヴァ派思想の瞑想と哲学の正統継承伝導者となる。

現在、ポール博士のBlue Throat Yogaにて哲学講義を提供。


マークが教えるタントラ哲学は
自分自身について内側からの本当の理解へとつながる。

数多くの人が
これまでの「自分」についての制限的な概念を
打破するという経験をしている。

人間関係が大きく改善したり、
人生にもっと自由な選択ができるようになったりと、
本物の自己の解放を起こしている。





人は通ったことのない道を案内することはできません。


ここで学び受け取った発見や知識を
自分の日常生活の中で本物の生きた表現として
「変容」させることができると、
自分らしい方法や考え方が生まれます。

指導者としての自分自身が
誰よりも先にヨーガの実践を通して
「変容」する体験が大切なのです。


これによって、
インストラクターではなく「指導者」として、
真の意味で教え始めることができる
でしょう。

 
 
マークもみなさんと同じスタートラインから始めました。

そこから
21年間毎日実践し続け、
18年間指導者としてサンフランシスコおよび日本で足元を固め、
国内外で指導の幅を広げながら
師のもとでヨーガについて自分の理解をさらに深く掘り下げ続け、
タントラ・シヴァ派ヨーガの正統伝承指導者となり
自分のスタジオを主催するというところまで指導者として成熟してきました。

このマークだからこそ、
本当に何かを伝える人になる指導者の過程を案内できるのです。








   

    対象者 


自分を「変容」させたい人

周囲にインスピレーションを与える存在になりたい人

一貫した視点でヨーガを学び、全体像を把握したい人

・ヨーガの先生を目指す人

・現職インストラクターとして仕事をしている人
・ヨーガを人生の実践としてもっと深く経験したい人
・自分のヨーガの実践を洗練し、
ヨーガの本当の意味と本当の姿を経験したい人
一つのヨーガ体系を深めたい人
・哲学・瞑想・マントラ・プラーナーヤーマを深く学びたい人




他のティーチャートレーニングとはどう違う?

このコースでは、様々な項目ごとに異なる先生に指導してもらうことはありません。
ヨーガのポーズ(アーサナ)から解剖学、哲学やティーチングまで
1人の先生が一貫して教えます。

様々な先生に教えてもらうのもよいですが
それぞれの実践するヨーガの視点がさまざまで、
お互いにぶつかり合ってしまって
教えを受けている生徒の中に混乱が生じる
というケースを多く見てきました。

それを避けるために、
また一つの一貫した視点からヨーガの宇宙全体をみることで
より深い理解を促すことが可能だと考えます。
 
もちろん、
それには、思想や方法論を比べて指導することが必要です。
そうやって学ぶと、偏った見方になることを避けられます。

さらに、10ー12名の少人数のグループ環境で開催します.
人数を限ることで、しっかりとひとり一人のプロセスや成長をマークが把握して
細かくアドヴァイスしていく環境を確保しています.
みなさん、それぞれのペースで安心して自分自身の学びに打ち込めるように配慮した最善の練習環境を用意しています.







  • 何が得られるの?目指すところは?

    「指導」できる人になるための基本的な知識と技術を

    19年という年月の経験から洗練された視点を通して学ぶことができる。



    内側からの「変容」を経験することで、

    自分の経験に基づいた本当の理解から

  • ヨーガを提供することができるようになる。


    自信を持って指導にあたることができるようになる。


    クラス内で、個々のニーズに対応した指導が可能になる。


    生徒から実践者に、インストラクターから指導者に


    1人の先生が一貫して教えます。タントラという背景に根ざした一貫した視点から、

    総体的にまとまった形でヨーガの宇宙を知ることが出来る。


    本物のヨーガ哲学を神秘的な部分だけでなく、

    実践的な切り口で学ぶことで、日常のことや人生における選択にも役立つ。


    哲学や瞑想、エネルギー面においてより強く深く学べる。

  •  

    方法論だけでなく理論を学ぶため、ヨーガの実践者として、

    そして生徒としての容量を拡張するために適応させていくことができる。


    自信をもって人生に足を踏み入れる能力が育つため

    日々の試練に落ち着いて立ち向かうことができる。


    思いやりや愛情をもっと自然で自分らしいところから、

  • 全面に表現できるようになる。

 
なぜそういう結果が望めるのか?


講師のマークは20年間かけてヨーガの旅路を歩んできた人です.
いま、皆さんが立っているのと同じ地点からスタートしました.

人は通ったことのない道を案内することはできません.

この道を歩いてきたマークだからこそ、皆さんを導くことができます.
彼の習得してきたあらゆる学びを、効率よく能率的に皆さんの歩みが進むように
コース作りをしました。皆さんが未完成な情報をもとに振り回されて時間を無駄にすることはありません.

自分で実践して得たその経験と、タントラの教えに基づいた洗練された基礎知識とを併せて、
ご自身らしいヨーガの教え方を培いにぜひ、いらしてください!




*




:::::: コース内容一覧 ::::::



全般+肉体のヨーガ

学習の原則

アディカーラAdhikara / 生徒としての心構え

アーサナ Asana / ハタ・ヨーガ Hatha Yoga

プラーナーヤーマ Pranayama & シャッタカルマ Shatkarma
 
ムドゥラー Mudra & バンダ Bandha

瞑想 & マントラ Mantra

解剖学 & 生理学 (肉体とエネルギー体)

よくみる怪我の予防と治療





哲学のヨーガについて

ヨーガの歴史 (ヴェーダ時代〜)

インド思想哲学6大学派

パタンジャリのヨーガスートラ(古典)

バガヴァッド・ギータ (ウパニシャッド)

タントラ哲学

効果的な瞑想と意識の仕組みー意識の科学と地図

サーダナ Sadhana / 人生かけての実践

サンカルパ Sankalpa / 意図とその力

セイヴァ Seva / 奉仕という概念について

倫理観





指導法について

ヴィニャーサ・クラマ Vinyasa Krama / シークエンスの組み方と重要性

観察 & コミュニケーション

声の使い方

アジャストメントの方法 ー 声だけで調節/手をかけて調節

ポーズのデモンストレーション方法

アシスト法

指導スタイル

実習

ヨーガのビジネス



*




2018年のスケジュール

全6部構成



Part 1: 6月2日(土)―5日(火) 

Part 2: 8月25(土)―28日(火) 

Part 3: 10月20日(土)―23日(火)
 
Part 4: 12月15日(土)―18日(火) 

2019年

Part 5:  2月9日(土)―12日(火) 

Part 6:  4月27日(土)―30日(火) 

毎日9:00-17:30 午前と午後の2セッション制   ランチタイムと小休憩あります。






受講料

マーク・シュヴェイマ描き下ろし
オリジナルテキスト (ポーズ集 & 哲学)

個人面談サポート


経験豊かな通訳費込


 


メンバー ¥430,000 

一般さん ¥ 440,000  (メンバーシップ料金¥10,000込)

*分割支払可
 


定員 10名
 
少人数制で、個人の成長をしっかりサポートします。



説明会日程


月2回 土曜日
12:00〜13:00

 
日程は以下の予約フォームにてご確認ください。


予約制 参加無料
温かいお茶を用意してお待ちしております。


*遠方の方や上記日程の都合がつかない方にはSkypeにて開催可能です。


以下のフォームより上記のご希望日時を選択して、質問欄に「スカイプ希望」と明記して下さい。

予約制
:下記のメールアドレス あるいは、予約フォームからお申し込みください。

BiNDU TTC 問合せフォーム



予約の確認や問合せの回答は、別途 info@studiobindu.comより返信いたします。
返信まで暫くおまちください.







 

606-8335
京都市左京区  
岡崎天王町 76−11

 

info@studiobindu.com


tel. 080-5373-8136

(電話対応 10:00-20:00)

CLOSED TUE & WED

ニュースレターを読みたい!

Connect With Us

スタジオビンドゥのFacebookページ      

このページのメイン写真は全て うえのゆりさんの作品です.Main photographs of this page are by Yuri Ueno. All rights reserved.